分类
外汇交易市场策略

如何解讀及應用RSI指標?

送る

経済指標カレンダー 予想&速報

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。掲載しているFX会社の評価やランキングは、各FX会社の公式サイトの掲載情報や、実際の取引画面の調査、個人投資家へのアンケートに基づいています。ただし、必ずしもサービスの内容、正確性、信頼性等を保証するものではございません。また、ランキングの評価項目は各カテゴリの比較ページに掲載しています。 総合ランキングについてはスプレッド比較、スワップ比較、PCツール比較、スマホアプリ比較、取引ルール比較、ニュース・コラム比較の評価をもとにランキングを作成しています。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 如何解讀及應用RSI指標? 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「 証券取引等監視委員会への情報提供 」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

テクニカル分析指標:目次

株価移動平均線(1)
株価移動平均線(2) 一定の期間内に売買した投資家の平均コスト。テクニカル分析ではローソク足と並んで基本中の基本。(あり) 加重移動平均線
(指数)平滑移動平均線 単純移動平均線よりも直近の価格に比重を置いた移動平均線です。相場の動きに早く反応します。 ボリンジャーバンド 株価移動平均線と標準偏差で株価のリスクを見る。(あり) バンド幅 ボリンジャーバンドのバンド幅。株価の変動を表します。 パラボリック RSIの考案者が手がけたテクニカル指標。放物線のラインを使い相場の売買を行う。(あり) 陰陽足 終値をベースに、相場のトレンドと勢いを視覚的に捉える。 (あり) 転換足 株の達人オリジナルの株価の短期間における上昇と下降の方向の転換点を判別するための指標です。(あり) 線形回帰トレンド 相場がどのトレンドに位置するのか判断するのに有益。 モメンタム 短期的に価格の変化率をみるためのテクニカル指標。 ATR ボラティリティの確認に使うテクニカル指標。 ベクトル 一定期間の株価の動きの転換点を捉えるのに有効。 株価移動平均2線カイリ 長期移動平均線を基準に、短期移動平均線がどれだけ離れているかを見る指標。 平均足(コマ足) トレンドを捉えられるようにローソク足に修正を加えたテクニカル指標。 カギ足 一定の幅や率以上の株価の変化からトレンドを予測。 新値足 相場の流れの転機を知る日本の代表的チャートの1つ。 ポイント&フィギュア 時間の経過を考慮しない代表的な非時系チャート。カギ足・新値足と類似。 HLバンド ダウ理論でいう直近の高値・安値のブレイクをいかに捕らえるかというテクニカル指標。 バーチャート ローソク足と同様に相場のトレンドや強弱を確認する為に用いられる。 ラインチャート 終値を一本の線でつないだ折れ線グラフ状のシンプルなチャート。 三日平均線 日々の値動きを平均化することにより、トレンドを見極める。 ジグザグ 株価の大きな流れと波動を読み取るための指標。

オシレーター系のテクニカル指標

RCI 「上がり(下がり)始め」の時期とタイミングを捉えるテクニカル指標。 (あり) SRV-K・D(ストキャスティクス) 一定期間の高値・安値・終値から、「買われ過ぎ」「売られ過ぎ」を判断。中期的な方向性を見るのに適しています。 如何解讀及應用RSI指標? SRV-%K・%D・SLOW%D(ストキャスティクス) 一定期間の株価変動幅をとらえ、「買われ過ぎ」「売られ過ぎ」を判断。短期売買に向いています。 RSI 値上がり幅・値下がり幅から、「買われ過ぎ」「売られ過ぎ」を見る。(あり) ストキャスティクスRSI(SRV%RSI) ストキャスティクスの計算式にRSIの値を組み込んだ指標。RSIと比較して、感度が高い。 DMI 相場の上昇と下降をそれぞれ指数化し、トレンドの強弱を計算し、チャート化。(あり) ADX・R トレンドの強さの指数であるADXとその向きを確認するADXRを用いて判断。 MACD 2本の移動平均線を用い、相場の周期とタイミングを捉える。(あり) MACDヒストグラム MACDラインと同平均(シグナル)ラインとのカイリを棒グラフで表したもの。(あり) 株価移動平均乖離率(1)計算式とパターン
株価移動平均乖離率(2)基本と応用 株価が移動平均値とどれだけ離れているかを数値化したもの。
移動平均線に対する大幅なカイリ現象は必ず修正されるという経験則に基づいています。 株価移動平均2線カイリ 長期移動平均線と短期移動平均線を用いて天井圏・底値圏を確認。 サイコロジカルライン 値上がり(値下がり)の継続をみて、短期の売買タイミングをとらえる。 %Rオシレーター 一定期間の最高値・最安値と現在値との比較から強弱の度合いを見る。 篠原レシオ 仕手性の強い人気銘柄の売買ポイントを把握するために便利。 ピボット 先物市場で開発された、短期売買をするためのテクニカル指標。 コポック 本来月足に使用するために開発されたテクニカル指標。

歡迎體驗Mitrade服務

立即開戶交易 歡迎體驗Mitrade服務

風險警告:差價合約 是杠桿性產品,有可能導致您損失全部投資資金。這些產品並不適合所有人。敬請在使用我們的服務前仔細閱讀產品披露聲明(Product Sheet)、風險披露聲明和客戶協議,並確保在交易前充分了解所涉及的風險。您並不實際擁有或持有任何相關基礎資產。

Mitrade是由多家公司共同使用的業務品牌,透過以下公司進行運營:
Mitrade Holding Ltd是本網站描述的或可提供使用的金融產品的發行人。Mitrade Holding Ltd獲開曼群島金融管理局(CIMA)授權並受其監管,SIB牌照號碼為1612446,註冊地址是:Buckingham Square, Phase II, 2nd Fl, 720 West Bay Road, George Town, Grand Cayman, Cayman Islands。
Mitrade Global Pty Ltd註冊號碼為ABN 90 149 011 361, 澳大利亞金融服務牌照 (AFSL) 號碼為 398528。

對於特定區域,銀行卡服務由 Mitrade Services Ltd 提供(註冊號碼為11804044,註冊地址是27 Old Gloucester Street, London, WC1N 3AX, United Kingdom)。

RSIとは?FXでよく使われるオシレーター指標の見方や使い方について徹底解説!

LINE

送る

テクニカル分析は様々な種類が用意されていますが、その中でRSIという手法があります。 如何解讀及應用RSI指標?
RSIはオシレーター系の代表的な手法の1つとされていて、主にレンジ相場で活躍します

RSIとは

負けないFX

RSIとは「Relative Strength Index」の略称で、日本語では「相対力指数」という意味になります。

外国為替相場のチャートから、あらかじめ定めた一定期間の中での相場変動の振れ幅を抜き出して計算した結果が描かれます。
「買われすぎ」及び「売られすぎ」を判断する際に活用できる、オシレーター指標です

オシレーター指標とトレンド指標

オシレーター指標とは、相場の反転が起こるタイミングを狙ってトレードを実行するために利用する指標です。

トレンド指標は、相場のトレンドを読み、そのトレンドに追随する形でエントリーする際に参考にする指標となります。

RSIの範囲

RSIは、0%と100%の範囲の中で曲線として描かれます。

RSIの計算方法:知識を実践に計算方法を知ろう!

負けないFX

上げ幅の合計を「x」、下げ幅の合計数を「y」とすると、x ÷ (x + y) × 100

一見すると難しそうな計算式で算出されているので、利用するのも難しそうな印象を受ける方も多いかもしれませんが、実際にFXで利用する際には、FX会社が提供するシステムによって自動で計算され、チャート上に表示してくれる仕組みになっています

RSIの主な活用場面

負けないFX

FXを始めると必ず出てくる「トレンド相場」と「レンジ相場」という言葉。 このように悩んでいませんか? FXをするならば、テクニカル分析をするうえでも理解しておかなければならない項目です。 そして、この2つの相場をどう攻略するかで勝敗は大きく変わります。 今回は、トレンド相場とレンジ相場についてご紹介したいと思います。 トレンド相…

レンジ相場におけるRSIの見方

RSIのダイバージェンス

負けないFX

ダイバージェンスとは、「逆行現象」と訳すことができる言葉で、特にオシレーター系の分析手法でよく見られる現象です。
実際の為替レートであるローソク足と、テクニカル分析が示す結果とが矛盾している状態のことを指します。

RSIにおけるダイバージェンス発生の条件としては、実際の相場であるローソク足が新しい高値、あるいは新しい安値を付ける値動きを見せる反面、RSIの方はそのタイミングで高値圏あるいは安値圏を更新しなかったケースを指します

ダイバージェンスは、トレンド転換のシグナルと考えられます
それまでのトレンド傾向から考えて、その反対のエントリーをするチャンスと考えることができます。

RSIのリバーサルシグナル

負けないFX


ダイバージェンスと混同されやすいシグナルとして、「リバーサルシグナル」というものがあります。

ヒドゥン・ダイバージェンス」という別名もあり、「隠れダイバージェンス」という意味があります。

上述の例の場合は、絶好の押し目狙いの買いエントリーチャンスと捉え、積極的に買いエントリーをすると勝ちトレードを収められる可能性が高いということになります。

FXの取引スタイルには、逆張りと順張りというものがあります。 逆張り順張りどちらにしても、その兆候を察知する事が出来れば大きな優位性となり、トレードでも負けにくくなっていくでしょう。 今回はそんなトレンドの兆候を察知する「ヒドゥンダイバージェンス」について解説していきたいと思います。 ヒドゥンダイバージェンスとは? ダイバージェンスとは、…

RSIと相性の良いインジケーターとその使い方

負けないFX

「底値で買えればもっと利益でたのになあ。」 「あそこが天井だと分かれば空売りで大儲けできたのに。」 「底値や天井を知ることができるなにかいい方法はないものか。」 FXをやっていて、上記のような思いをしたことはありませんか? 今回ご紹介するMACDは、底値や天井、すなわちトレンドの転換点をいち早く知るための強力な味方となりえるインジケーターです。 …

FXトレードのテクニカル指標の定番といえば「移動平均線」です。 初心者の方でも扱いやすい一方で、プロの投資家でも使用している人が多いインジケーターです。 移動平均線は分かりやすい反面、とても奥が深い指標です。 移動平均線を使うと、大まかなトレンドを把握できます。 さらに、他のラインと組み合わせることで、相場の状況を認識したり、売買のタイミング…

RSIとは?FXでよく使われるオシレーター指標の見方や使い方のまとめ

負けないFX


以上、RSIについて紹介をしてきました。